会社員の資産運用は?みんなどうしてる?

MENU

お金は銀行に預けたままの人が多いの?

会社員で資産運用をしている人は、数人に一人と言われています。

 

資産運用と言うと聞きなれなくて敬遠している人が結構いますが、資産運用にも様々な方法があり、手取りは少なくてもリスクの低く気軽に行える方法もあるため、意外に資産運用をするのにはハードルが低いのです。

 

 

会社員として真面目にしっかりと働いたとしても、ちゃんと貯金をしていても多くの人が老後の生活が大変だという試算が出ているのです。

 

 

コツコツ働いているだけで老後が心配だし、今手元にあるお金を無駄に使うのではなく、そのお金を有効活用して蓄えを増やしてしまおうという目的で資産運用をしている人が多いです。

 

 

もちろんリスクがないわけではないのでお金が減ってしまう場合もありますが、上手くやれば銀行にお金を預けて微々たる利息をもらうよりもよほど多くのお金を稼ぐことができ、さらには自分の給料並みのお金を稼ぐなんてことができたり、凄い人だと何百万、数千万円単位で利益を出しているなんとこともあるくらいなのです。

 

 

ただ働くだけの収入で不安がある人、将来のために自分のお金を有意義に使おうと意識をしている人が多いのです。資産運用というと多額のお金が必要に感じますが、それはちょっと違うんです。

 

 

確かにものによっては大金が必要なものもありますが、最初は数万円くらいあれば始められるものもあるんですよ。

 

資産運用で有名なものに、投資信託と不動産投資の二つがあります。

 

不動産投資とは?

不動産投資というのは、基本的にはマンションやアパートなどの不動産を購入し、それを人に貸すなどして賃貸料をもらうことです。

 

 

良条件の不動産を手に入れることが出来れば、安定した収入を得ることが出来ます。不動産の管理管理や運営を任せてしまえば株などの価格変動を毎日のようにチャックするような手間もありませんし、精神的な負担なく安定した収入を得ることのできる資産運用方法といえます。

 

 

ですが、不動産を購入するということになるので最初に多額のお金が必要になりますので、気軽に始められるというわけではありません。また、不動産も年数がたてば老朽化してきますので、そういった整備などにお金が必要となることももちろんありますので、永続的に安定した収入がはいり続けるというわけではありません。

 

投資信託とは?

次に、投資信託とはどのようなものなのでしょうか?投資信託とは、投資家から集めたお金をまとめ、資産運用の専門家によって株式や債券などに投資や運用をする商品のことであり、その運用が上手くいくことにより、投資家が投資した金額に応じてお金を分配されるという仕組みになっています。

 

 

投資信託は市場によって変動するため、投資信託を購入した後、運用がうまくいっていれば利益を得ることができますが、運用がうまくいっていなければ、投資した額よりも下回ってしまって損をしてしまうこともあるのです。

 

 

投資額に比例して、分配されるお金が変動します。自分でリスク管理ができるので、自分の無理のない範囲でお金を使用すれば、大きな損失を被ることはありません。

 

 

ですが、銀行の預金と異なり、元本が保証されているわけではないので注意が必要です。

 

 

投資信託には様々なものがあります。国内株式、国内不動産、年金商品、外国株式、先物、外貨預金、外国債券、FX,国内債券、金、海外不動産、国内投資信託、預金、外国投資信託などなどその種類は多種多様です。

 

 

 

投資にはそれぞれ特徴があり、リスクが高いけどハイリターンなもの(先物、外国株式、外国投資信託、海外不動産)、リスクは低いけど、リターンが少ないもの(国内債券、年金商品、預金)など様々です。自分の投資に使用できる金額であったり、どれだけリスクを背負えるかなど、自分にあった方法を選択することができます。

 

 

 

無理してでもハイリターンを求めるのか、ローリスクで少しの利益を得るのか、選択はその人によって異なります。投資信託は10000円から投資が可能ですし、投資積立であれば月々1000円からとかなり手軽に始めることが出来るので、リスクは低いので一度試してみるのはどうでしょうか?