求人サイトを利用する際の注意点

MENU

便利なサイトですが利用する際注意してほしい点もあります

バイトを探すとき、昔であればバイト情報誌などを利用するのが当たり前でしたが、今ではインターネットに繋がりさえすればどこでもバイトの求人情報を知ることが可能となっています。

 

パソコンやスマホなどがあれば24時間、求人情報を手に入れることができるのです。

 

ネットにはバイトの情報を紹介している求人サイトがあり、そこから自分の都合にあった求人を見つけることが可能であり、利用もほとんどのものが無料です。最近ではほとんどの人がこの求人サイトを利用してバイトを見つけて働いているのです。

 

 

こんな便利な求人サイトですが、利用する際に注意しないと思わぬトラブルなどに巻き込まれてしまうかもしれないので注意が必要です。

 

求人情報サイトは上手に利用すれば自分の希望する条件に合ったバイトを探すことができるのです。

 

そんな求人情報サイトを利用する際の注意点を紹介します。

 

条件を絞りすぎない

求人サイトでは様々な条件でバイトを探すことが可能です。働く日数や期間、時給、勤務地などの基本的なものはもちろんですが、まかないが出るか、服装や髪型は自由か、ダブルワークOKなのか、交通費の支給の有無など、細かく条件を指定することができます。ですが、あまりにも条件を増やしすぎるとおのずと条件に合う求人数は減ってしまいます。まずは基本的な条件で調べ、その中からさらに条件を絞って少しずつ自分の希望する条件に近い物を探すとみつかりやすいですよ。多少は条件を緩くしないと、検索結果が0件なんて事にもなりかねませんので、探す際はこだわりすぎない方がよいでしょう。

 

闇サイトに注意

求人サイトは様々な物がありますが、中には違法な仕事を取り扱っているようなサイトも存在します。自分では気がつかないうちに犯罪に荷担してしまっているようなバイトかもしれないので注意が必要です。最近では、振り込め詐欺などに知らず知らずに協力してしまっているなんてことが多くなっています。仕事の紹介の仕方はもちろん犯罪と匂わすような物はありません。条件は簡単であり、ATMからお金を引き出す、誰かから荷物を預かる、どこかの家へ行って封筒をもらってくるなど、一見犯罪ではなく簡単な仕事のように見えます。ですが、実際にはお金を引き出したり荷物を受け取る物は振り込め詐欺の被害者からお金を巻き上げてしまっていることになっているかもしれません。こういった仕事は簡単ですが、それに見合わないような高い時給を提示されていることがあるため信じないようにしましょう。簡単にお金を儲けることが出来る事はありません。うまい話には裏があると思っておいた方が良いでしょう。事実、こういった事例は多数報告されており、犯罪と知らずにただバイトをするつもりが、逮捕されて前科がついてしまっているというひとも存在しているのです。捕まっている人は学生やフリーターなど前途のある若者に多いそうです。闇サイトは一見そうだとは分からないようになっていることもあるため、そのサイトの運営会社がどこかしっかり確認しましょう。大手のテレビやCMで目にしたことのあるところならまず問題ないでしょう。危険なのは電話番号が携帯電話です。大手の企業などしっかりした会社であれば携帯電話でやり取りをするなんてありえません。自分の働く先がどのようなところか事前にしっかり確認しましょう。

 

求人情報を鵜呑みにしない

求人情報では人を集めるために良い条件を提示してあることが多いです。それらを鵜呑みにしていざ働くと、最初の期間は研修期間だから時給が安かったり、残業がないとの条件のはずが残業があったり、初心者歓迎とあっても教え方が厳しかったり、未経験者歓迎とあっても出来ないことに対して罵声を浴びせられるなど、求人情報とは異なった対応となってしまっているところも存在します。求人情報からすべてを把握することは困難ですが、あまりにも良い条件の場合は一度打て勝手観た方が良いのかもしれません。条件を良くみせて少しでも早く人を雇いたいと思っているかもしれません。また、サイトの中には実際にその職場で働いたことのある人の意見などを見ることの出来るサイトもあるので、求人情報だけを鵜呑みにせず、しっかりと事前に確認しましょう。面接の際にそれらの条件が本当に正しいかどうかも効いておくと良いですよ。

 

 

お祝い給付金

サイトの中には、そのサイトから働くことが決まった場合、お金がもらえるとう、お祝い給付金制度を掲げているところもあります。働き先が見つかりつつ、お祝い器がもらえるなんて最高ですが、はたしてそんなにうまい話があるのでしょうか?サイトによっては働き先が指定されていて、そのバイト先で働くとお祝いがもらえるという限定された物もあるそうです。そういったお祝い金はサイトからではなく働き先から支払われていることが多いそうなので、これもお金を出してでも人を集めたい、それだけ条件が悪くて人が集まらない職場なのかもしれません。お祝い金に目がくらんで下調べもせずに働くことは危険を伴うかもしれませんので、注意が必要です。