バイト求人サイト利用の流れ

MENU

実際どうやって求人サイトを利用するか知っていますか?

景気がまだまだよくならず、給料やボーナスが十分に上がっていかないため、生活のためやお小遣い稼ぎにとアルバイトをしている会社員の人は多くいます。

 

今はインターネットが普及しており、昔のように雑誌などで求人情報も調べるよりも遥かに便利になっています。

 

ネット上には求人情報サイトがたくさん存在しており、それを利用すれば自分の希望する条件に合ったバイトを簡単に探すことができるのです。

 

では、求人情報サイトの利用方法はどのようにするのでしょうか。紹介します。

 

求人情報サイトを探す

ネット上には数多くの求人情報サイトがあるため、その中から自分が気にいったサイトを決めましょう。求人数が10万件近いような大手の求人情報サイト、求人数は少ないものの、短期のバイトに特化したサイト、バイト経験者の掲示板があるサイト、などなど様々ありますが、最初はテレビのCMなどでよく耳にするような大手のサイトにする方が無難でしょう。サイトの中には犯罪すれすれであったり、最悪の場合犯罪に加担してしまうようないわゆるブラックサイトというものもあるため、サイト選びには気をつけた方が良いですよ。

 

求人情報サイトに登録をする

気にいった求人情報サイトがあったら、そこに自分の情報を入力して登録しましょう。基本的には、名前・住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報と、自分の希望するバイトの条件(給料・勤務期間・仕事内容・勤務地)などを入力します。求人情報サイトに登録しなくても求人を探すことは可能ですが、サイトに登録しておくことで自分の希望する条件に合わせた求人情報がメールで送られたり、会員のみに紹介される求人などもあるので、登録しておく方がいいですよ。もちろん登録自体は大抵のところが無料ですので、安心して下さい。とはいえ、上述したようにブラックバイトのようなところに登録してしまうと、自分の個人情報が悪用されたり、ブラックバイトを紹介しているようなサイトに自分の情報を教えてしまうことになるので注意しましょう。

 

求人を探す

求人サイトから自分の希望する求人を探しましょう。サイトによって求人の探し方に大きな差はなく、自分の住んでいる地域出検索したり、給料で検索したり、勤務する時間帯や勤務時間、長期や短期などの勤務期間、月額払いや日払いなどの給料の支払い形態、仕事の内容など、検索の項目はたくさんありますので、それらを選択することで希望する条件に沿った求人が選別されます。あまりにも細かく指定してしまうと求人数が少なくなってしまうので、最初は2−3個の条件で検索してみるといいでしょう。

応募〜採用

気にいった条件の求人があったら応募しましょう。サイトを通じて求人先に応募することが可能です。とはいっても、ネット上だけで採用されるわけではないので注意しましょう。応募したのち、求人先からメールか電話で連絡が来るため、面接をする日取りなどを決めることになります。メールだけで採用されることは少なく、基本的には求人先の担当者と直接会って面接をすることになります。日取りが決まったらその日に面接をしに行き、後は採用されるかどうか結果を待ちましょう。面接の時にそのまま採用される時もあれば、採用の有無を後から連絡してくるということもあります。

 

 

以上が求人情報サイトの利用方法となります。

 

 

自分の条件に沿った求人情報を簡単に探すことができ、登録しておけば新しい求人が自分の条件にあっているものがあれば連絡してくれるようなサービスを行っているサイトもあります。

 

 

簡単に探すことができるため、まずはどのような求人があるか検索してみるといいですよ。