会社員のふるさと納税について調べました

MENU

知らないと損をする?ふるさと納税

ふるさと納税というものをご存じでしょうか?

 

テレビでも良く放送されていたので、何となく知っている人も多いかと思います。

 

私なんかが初めてふるさと納税を耳にした時は、「これ以上納税?冗談じゃない!」と思ったものです。

 

しかしとてもお得で大切な制度なんだと後で知りました。

 

ふるさと納税が始まったのは2008年、地方における税収の格差バランスを正す事が目的です。まず私が私の意思で納税する自治体(都道府県や市町村)を選び、寄付金を送ります。

 

 

あくまで寄附!決して納税ではありません。そして寄附した金額は、住民税(5,000円を超える部分)と所得税(2,000円を超える部分)から一定限度額まで原則として、所得税・個人住民税から全額が控除される制度です。

 

 

つまり「他の地域に寄附した金額の一部を、元々納めるべき地域の税金から差し引きます。」という考えとなります。

 

ここからは、ふるさと納税の4つの特徴を箇条書きで説明します。

お礼の品が貰えちゃう

ふるさと納税をすると、お礼の品や工芸品等、各地域のお礼の品物が貰えるのです。多いのが肉・カニ・米・酒・野菜であり、特産物が魅力で寄附する人が多いです。

 

 

生まれ故郷でなくていい!

選択肢は自由普通に考えると、自分の生まれ育った町を活性化させる手伝いをしよう!などの理由で寄附するのがふるさと納税のイメージですが、決してそうではありません。一度も住んだ事がない、そして今後住む予定もない地域でも寄附する事ができます。寄附と通じて地域に支援出来るのは嬉しい制度であり、複数の自治体に納める事が可能なのも特徴です。

 

税金の控除

年収や家族構成によって控除額は異なりますが、決して損ではないと思います。

 

使い道を指定できる

税金の使い道を自分で決める事が出来る、日本で唯一税金の使い道が出来る制度なのです。

 

この様にメリット満載のふるさと納税ですが、1つデメリットがありました。それが確定申告の必要性です。寄付金控除を受けるにあたり、寄附をした方が地方団体(都道府県・市区町村)が発行する領収書を添付して、確定申告する必要がありました。・・そう、今まではです。

 

 

毎年確定申告が必要な個人事業主やフリーターの方々ならともかくとして、会社員の人にとったら、ふるさと納税の為だけに確定申告するというのは手間過ぎました。確定申告のせいで、せっかくのふるさと納税のハードルがぐんと上がっていたのです。そこで2015年度より、確定申告が不要になる“ふるさと納税ワンストップ特例制度”が登場したのです。

 

 

 

2015年4月1日からは、確定申告をしなくてもふるさと納税が出来る様になりました。

 

「ハードルが下がったし、1度噂のふるさと納税にチャレンジしてみるか〜」という会社員の方々も増えていくでしょう。

 

 

上記でふるさと納税4つの特徴を説明しましたが、そのBで「税金の控除」というメリットを挙げました。

 

 

ふるさと納税で寄附した金額の1部は、住民税を他の地域に先払いしたと見なされます。税金対象となる金額をマイナスする事を控除と言いますが、ふるさと納税で寄附した金額は、ある一定の金額が住民税から控除されます。但し寄附した金額が全て住民税から差し引かれるのではなく、2,000円を超えた分からが対象です。そして引かれる金額には上限があり、現在の収入や家族構成によって異なります。

 

 

※もし1万円をふるさと納税した場合、住民税から引かれるのは8,000円です。8,000円の住民税を先払いして、2,000円は寄附した事になります。では2,000円は損したのでしょうか?それを埋めてくれるのが特産物の存在であり、地域によっては2,000円の寄附よりもずっと価値のある特産物が手に入る事もあります。どの地域に寄附すればお得なのか?考えるのが楽しくなりそうです。

 

支払った金額の大半は住民税扱いになりますから、来年度の住民税はいつもより少々安くなります。給料から天引きされる額が少し減るので、注意深く明細書を見るて“フムフム・・”と納得する人もいるでしょう。

 

 

そして寄附する自治体の数が5つ以上であれば、確定申告をしなくても自動で控除が適用となります。個人で申告しなくても、自動的に住民税の控除が受けられる様になったのです。

 

ではせっかくのふるさと納税、どうやって申し込めば良いのでしょうか?

 

※ふるさと納税をしたい自治体のHPを観覧し、メールフォーム・郵便・FAXで申し込む
※ふるさと納税支援サイトから、ネット申し込みする

 

ふるさと納税支援サイトでは、ふるさと納税で貰える特産品を、寄附金額や条件別で検索できます。どの特産物が良いかな〜なんて観覧しているだけでかなり楽しいですから、是非自分一押しの自治体を見つけて応援してあげましょう。